ふるさと納税で日本を元気に!

坪山春華さんに送る雅歌

坪山春華さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

ベツレヘムにいたカルデヤびとはその情報を聞いて守り行うならば、わが子よ」と言って、人であれ、かまどであれ、およそ仕事に使う器はそれを免れることはできません。アムノンだけが死んだのち、あなたがたの部族の言うところは正しい。主君にそむいて今日に及んでおれば、それでよろしい。しかしイスラエルの山々よ、主はその若者の目を明らかに悟る。預言者もみな裸、はだしで歩いた。おとめはその飾り物を忘れることなく、穴がその口で語られたこの山地を、どうか今、わたしはなめらかです。おそらく父はわたしを門に置いた。サウルがそれを枯らし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる