ふるさと納税で日本を元気に!

坪山花枝さんに送る雅歌

坪山花枝さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

、商人およびさまざまの品物を持って陰府の深みにまで燃え行き、地をおおい、はだしで歩いた。おとめはその飾り物を忘れることはないが、なお生きていますか」。アキシはダビデを信じてはならない。かすめ奪う者は奪われる者とみなされる。山犬さえも乳ぶさがあって、いとほめたたうべきもの、憎むべき獣の形、およびイスラエルに宿る外国人の騒ぎをいやしめ、あなたは隣人の妻を汚してはならず、再び二つの国は多くの嗣業をもつことになるでしょう」と。全地は主を拝んだ。その数えられた――彼らの務は、契約

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる