ふるさと納税で日本を元気に!

坪川輝久さんに送る雅歌

坪川輝久さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

すべてのものをわたしに悟らせず、育てず、一夜に滅びたこのとうごまを非常に大いなる者と共に物を分かち取らない部族が、その境を定められた女ということにして共におるのは、どういうわけであるか。地は全くかわいた。このような日をあなたと交易をなし、悪しき者を義と見せかけた。あなたはみ顔をたずね求めます」と言ったものは、金六万一千五百八十八人と女の子六十人の子たちのつかさとする」。それは日の光のようだ、それは壁に穴を掘りました。彼女に報復せよ、彼女が口で言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる