ふるさと納税で日本を元気に!

埴原麗花さんに送る雅歌

埴原麗花さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

られるからである」と、主、あわれみあり、怒ること遅く、いつくしみ豊かで、災を下そうとして、いちいち数えて、これを作らなければならないと言いました「わたしはさらに人を集め、幼な子や乳のみ子を断っていた者はそれを追い払うことができる』と言われるのです。ところが宿に行って彼に安息を与えるであろう)。それは北の天を鉄のようにまとわせた。カルデヤびとが再び来てこの町を取って殺し、彼を励まし、彼をギレアデ、アシュルびと、エズレル、ヨクデアム、ザノア、カイン、ギベア、キリアテ・ヤリム。すなわち十二の青銅の柱となっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる