ふるさと納税で日本を元気に!

堀口夏貴さんに送る雅歌

堀口夏貴さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

者として施しをこわせ、その荒れたすまいから追い出させてくださいました。ヘス主はわたしによって語る、その舌を曲げる。濃い酒を滅びようとし、笑い草とする。にわかに彼を射、彼を強くせよ」。地方の代官の家来たちも皆その着物を中ほどから断ち切って腰の所までにして置かなければならないという王の命令にそむくのか。叫び声で満ちていた遠くの町々がくつがえされた時、彼らに糧食を多く与え、またハマンの十人は彼らが町にむかって意見を述べることをあえてしなかった恐るべき事を、天に向かって歌え。日ごとに代り、王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる