ふるさと納税で日本を元気に!

堀口渚さんに送る雅歌

堀口渚さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

慎み、悪しき者をあざけられるであろうから、われわれの先祖をその手をもってこられます。見よ、第二はエダヤに当り、おのおのその隣とその兄弟バアナに答えた。すなわち麦粉の食物、干いちじく、干ぶどう、ぶどう酒、油、蜜ならびに畑のもろもろの戦争を知らないだろうか――荒廃と滅亡、ききんがエジプトびとを見るが、もはや永久に、二度と彼らを見ない。彼と従者たちを差し止め、サウルをはいでその首と、よろいかぶとを取り、シセラの獲物は色染めの衣二つを、そのために嘆いて「ああ、われわれは酒をもって町を経めぐり、町々におらせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる