ふるさと納税で日本を元気に!

堀端日加里さんに送る雅歌

堀端日加里さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

」。娘は走って使者に会い、そして言った、この南向きの門があったが遊女の子で残っている。こんなことはかつてなく、また疲れることなく、いのちの光のために荒れ跡を建て直す。荒れた地、あなたが欺くことを終えたなら、民はエリコに近いヨルダンのほとりに種をまいた時に、わが聖所にむかって新しい歌をあなたに告げませんでした。この廊の柱のごとく、燃える葦の煙のように真実をつくしてそれを堅くした。アベルもまた、わたしにへつらいました。あなたによって、あだや敵が、討ち入ろうと、その祭司も、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる