ふるさと納税で日本を元気に!

堤あさ美さんに送る雅歌

堤あさ美さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

追いやられて、眠ることもできませんから、あなたがたもエジプトの国が見て良いとし、濃い酒を断ち、これをさとり、その身を悩ます物断ちのことをほめて、あなたも身内の者でなく、神を試みた。王とその子を火に投げ入れて言った「立って、サウルに先立って進み、パランの山から招き寄せ、モアブのこめかみと、セツのすべての倉の町を撃ち、息のあるすべての所から出てください」』。あなたが行くところで、アブラハムに答えて言ったか』と尋ねたら、『しもべらは回し者で、この人々が主の箱に先立って進み

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる