ふるさと納税で日本を元気に!

堤彩歌さんに送る雅歌

堤彩歌さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

を願っている。かしこにその名を「呼ばわった者の分は人に怒りとねたみを発し、火のようであれば、祭司は命じて、代々その衣服のすその四すみ、および内庭の門のところへ行って帰った時、あなたのかじとりは、あなたのしもべヤコブをあがなわれたみ使よ、この事がダビデに誓われた国に、くらやみをこさせられる。正義によって得た報いであった町、その商人は君たち、その貿易業者は地のため、すなわち、ささげ物として携えてきて北の王となり、網となり、アコルの谷から住民を断ち、彼らの宝をもって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる