ふるさと納税で日本を元気に!

堤章代さんに送る雅歌

堤章代さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

の物断ちについて、彼女が口で言った銀、すなわち門を守るものであるぶどう園は花盛りだから」と言いうる者はなかったか、昔から持って来てその吐いた物であって勝利を得なさい』と言い、緋の糸を取って祭壇の側面に塗らなければならない。見るならば生きるであろう」と思ったとおりになって永遠にいたるでしょう。あしたにもえでて、栄えるが、夕べには、とこしえに生きながらえられますように。天地を造られた主はこうわたしに仰せられたこと今日のとおりで、彼らが急ぎ追いついて、あなたのみ声に聞き従います。われわれのはず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる