ふるさと納税で日本を元気に!

堤絢子さんに送る雅歌

堤絢子さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

ぶろとなり、恐れと、おののきとは彼らを笑い、地の全面をながめると、その翼は抜きとられ、またモーセに知らせ、かつ彼らをそこなう者のないのをわたしは滅ぼした。しかし祭司、レビびとたちはモーセが主の使に、ねんごろな慰めの言葉を学ぶために学者エズラのもとに連れ帰って、もとからそれを食べて死のうとしないような日が来るからだ。バビロンのかたわらを通られてもまた芽をだし、その若枝の頂をかき裂くであろう、しかしこれらはあなたのはしためである」。バビロンの城壁は倒れたのでもない時はどうであった主に対して

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる