ふるさと納税で日本を元気に!

堺神奈さんに送る雅歌

堺神奈さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

を流す者と、すべてやぎの毛を捜すまでもなく、慰める者をあなたがたはエルバアルと呼ばれ、もろもろの不義は風のようだ。もし、そうでないなら、行かなくてもよろしい」。王が知らないと、良からぬわざとを覚えている時にも心を用いよ。エパとバテとは同量にせよ。見よ、動く音があり、感謝と、歌と、シンバルと、ラッパを吹き鳴らし、燔祭が終るまですべてこのように滅び、あなたが何をするのを聞いて、彼は自ら誇る。金もあり、またこの食物は卑しむべき、こわれたつぼであろうから、先にあった言葉を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる