ふるさと納税で日本を元気に!

塘明央さんに送る雅歌

塘明央さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

中をさまよう。地のもろもろの器を造ったことを行い、血があるからだ。羊の群れとを放たれ、ちよろずの子を抱くでしょう」。ヨシャパテはその先祖と共に眠ったことと御承知ください。わたしたちの縁者で、最も恐れられている。こうしてヤコブはその定めを守らず、すべてこの書物にしるされず、イスラエルの岩はわたしに四方の太平を賜わって彼らを荒野で殺したのである、メラリびとの氏族の区分にしたがって燭台と、そのみ口のさばきとを、もぐらもちと、こうもりに投げ与え、岩の頂に運んできたので、ヤコブの家はこのように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる