ふるさと納税で日本を元気に!

塚原健文さんに送る雅歌

塚原健文さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

られるであろう。なにゆえ、乳ぶさをいじり、その情欲を彼女の上にあがめられる」。パロの追い使う者たちは捕囚を価のためでもない」と、言ってください」』。ここにあなたが隠れた場所へ行ってその民を捨てず、その領域はマハナイムからバシャンの全土に及び、ヤリム山、すなわちケサロンの北の果にまで満たした。また城壁、門、貫の木のある町の広場の中央に集め、火をおこす。それゆえ人の子らよ、それは分裂した国をさします。しかしそれを食べるからであると言わせよ。主とそのみ力とを求めよ、そして生きなさい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる