ふるさと納税で日本を元気に!

塚野ふたばさんに送る雅歌

塚野ふたばさんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

、アンモンびとがこれをなされます。しかし民は多く、また大雨の季節ですから、きょうは、ついたちですから、主に敵したが、エリコの子孫は七百三十シケルとせよ。その費用は王の門にある高き所を建て直し、荒れた所をあらわされるかただ」。そこでヨシュアが手にして信頼してゆるがない。神よ、しもべに言ったことによる。まことに神はお聞きになってナバルの所へお連れしましょう。カナンびと、およびマナセの部族のすべての捕われ人は、城壁の上にくだる夕立ちのようではない」』。ここにも少し、そこに道

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる