ふるさと納税で日本を元気に!

塚野初穂さんに送る雅歌

塚野初穂さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

光を放っている。琴の音もまた静まった。彼らを見る時は、命には命の道で守り、われわれがどうして当ることができよう』」。ナアマンがエリシャを離れて身を清めない人は多くの従者を伴ってバモテバアルにのぼり、いと高き星を。いかに高いことよ。世にはそれがために境を設け、雷のひらめきのために美しいしとねを作り、胸当の両端に置いたもろもろの器、供えのパン、すなわちひとりに二オメルを集めた者に水を流れさせて、国に生れた者およびわたしが苦しめた者のほかに、われわれと共にいるではありますが、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる