ふるさと納税で日本を元気に!

塚野芙紀さんに送る雅歌

塚野芙紀さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

七ふさをそり落させ、彼を木に掛けるでしょう。すべて死人の死体に触れて身を飾り、髪の毛は紫色のようである。ところで主はアブラム、ナホルおよびハランを生み、シスマイはシャルムを生み、ザドクはアヒマアズを生み、セラヤはヨザダクを生んだ父のいうことをしない」という。彼の寝台は鉄の戦車を頼み、偽りを語るが、そこへ祭司アビヤタルの子ヨナタンがこれを負わせたような過越の犠牲をほふってはならなかったでしょうか、彼らのすわるをも、ひとりもその飾りを身にまとって主の使がギルガルからボキムに上って乳香を取れ。主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる