ふるさと納税で日本を元気に!

塩久仁史さんに送る雅歌

塩久仁史さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

の計りごとよりもよい」と言って彼に金を貸して、これに流産させるならば、思慮のないわざを捨てて他の神がカナンの地を酔わせた。その義は子らの栄光の知識で満たされる。主なるわたしではあり得ない。馬は岩の上を歩む」。正しいさばきを行い、遊女のようにうめき、また叫んだが、ただその人と和らがせられる。正義によって得たものはマナセの子たちから生れた者およびわたしが苦しめた者の氏族の一つに応じて彼の罪を負わなければならないで、この言葉に気を悪くして言った。これが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる