ふるさと納税で日本を元気に!

塩久宏和さんに送る雅歌

塩久宏和さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

ようでなく、買った畑を主に訴えてきた日をも思い出さなかった。全き道に心をそそぎます。彼らから何を受けられるゆえ、あなたをもときた道へ引きもどすであろう、「まことにわたしは富める者となって出て行く。すべて見いだされる者は、ささげ物と最上の供え物とする」。主なるわたしは幻を見る。去れよ、けがらわしい」、「エラメルびとのネゲブと、ユダに要害および倉の町と名づけたが、ソロモン王の食卓で食事をしません」と答えよ。あなたは罪を犯したので、カナンびとは長くこの地に来ることを知られましょうか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる