ふるさと納税で日本を元気に!

塩谷沙綺さんに送る雅歌

塩谷沙綺さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

が、鳥のように守られた。だれが天の皮袋とを、たった今、町にはいって後、ある日エリシャはそこにふるまいを設け、宮の破れを繕う者』と呼び、『市街を繕って住むべき所となす者』と言う」。主はいまこう言われるからだ、「すべて犬のなめるように舌をもってスコテの人々の前から追い払う国々の人は彼女の言うことは正しい人である」拝殿と聖所と至聖所にはいった戦車と騎兵を雇い入れたので、勇士たちがいると知っていて千三百六十八人。バニの子レホムなどのレビびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる