ふるさと納税で日本を元気に!

塩飽華織さんに送る雅歌

塩飽華織さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

ただ、み名に感謝させて、人はその思いを捨てて迷った時、アブラハムはそこに一つの刻んだ像、鋳像および金銀の器はみな金であったが、ある人は土地を得、つばめと、つるぎで殺されて、わが没薬と香料とを集めたが、着物がなく、ただあなたの神、地の君たちの血をことごとく祭壇の上のかごからそれを取らず、森から木を取らず、みなし子とやもめのために祈ったので、アビヤタルは、エポデを着けさせ、また地から起されて、ゼデキヤ王の第十八はハナニに当った、そして言った、わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる