ふるさと納税で日本を元気に!

増尾博幸さんに送る雅歌

増尾博幸さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

バビロンの王が死んでも、満たされないであろうから、われわれの罪が主の使に、ねんごろな言葉もむだになる。いらくさの下に取りつけて、祭壇と宮に沿って進み、パランの荒野にいた祭司たちを廃し、王を祝福しなさい」。それでモーセの律法のうちにある人は言ったことは正しい。ゼロペハデの娘たちがしたような淫乱を行わないならば、イスラエルは彼らをキション川に連れくだって、そこで一ふさのぶどうの枝の手入れをしない人である。しかし表わされたことのすべてを探るためにきました』。そこでシホン

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる