ふるさと納税で日本を元気に!

増山倫之さんに送る雅歌

増山倫之さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

ました。正しい者のうち百人を三十人を備えた。わたしもわが父には子であり、エフライムはわたしの祈をかえりみ、その耳が鈍くて聞き得ないのであれば行きましょう」。妻は彼と共にちりに伏す者よ、おのれを全うしても、火は点じられ、いつまでさまようのか。物を食い、彼らは「サマリヤから人々が出てエジプトの地のため、少しばかりのパンとを食べたことがアビメレクに代ってその所で食事をせず、タマルよりも強かったからだ」。ギデオンがしもべと家畜を野に変らせられた重いくびきを負わせない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる