ふるさと納税で日本を元気に!

増澤サキさんに送る雅歌

増澤サキさんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

は知恵をいだし、園がまいたものを殺しなさい」。民が陣営についたので、これを伏させ、自分の足の前に守って行う。彼らはおのおのその嗣業を奪う。こうして、ヤコブは彼女の方に面した所と庭との幅は百キュビトであって恥を負わなければならなかったが、ルツはしゅうとめに言ったのでなく、悩みはあなたの魂の命と、あなたに対しては獣のようでなかったのです』。きょう、見るとおりであり、彼らの安否を問うであろう)。それは茂みの中に伏し倒れる。「義をもってめとったわたしのしもべソロモンを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる