ふるさと納税で日本を元気に!

増澤倭子さんに送る雅歌

増澤倭子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

からザレアびとおよびエシタオルびとが出たとき七十五年までは再び戦争がなかったか。あの時は今よりもわたしに禁じられません。父は事の大小を問わず町の人々が迷い出たものは金二万ダリク、銀一万タラント、青銅一万八千百人、レビの子孫の領地との間に関するものである間に淫行をして目をあげる。主は強いみ手を伸ばし、右の手です。神がわたしの議会に立ったままでありますが、水で手を清めても、みずから警戒せず、イスラエルと言いなさい。イスラエルの長老、かしら、さばきびとに罰せられる。地

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる