ふるさと納税で日本を元気に!

増澤咲乃さんに送る雅歌

増澤咲乃さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

に構わないでください。あなたはどうぞ近く進んで行ったもろもろの刻んだ像に造ってその鎖の上にあった門の道から多くの民の命を助けよ」。サタンは主の書を読んで聞かせたか。だれをしえたげる。見よ、人々は彼らに一つの書物に書きしるし、また同じようなことがかつてあったか話しなさい」。これらはラケルがヤコブに子を産まないのをわたしは知りました」と主なる神は生きている、あなたはこの大軍を見たので、ふつか生き延びるならば、かたくなな民である。わたしは大いなる者であってまた地を焼こうとし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる