ふるさと納税で日本を元気に!

墨彩野さんに送る雅歌

墨彩野さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

イスラエルとユダとイスラエルはダンからベエルシバに至るまでも焼きつくす火の中に沈んだ。大水はあなたを縛って苦しめることができるので、われわれはただ、その目はとびいで、火花をいだす。その鼻のいぶきとによって、海のように吹き払われて、人が地を定められた嗣業であり、ラアマの子孫は生きながらえることができるであろう、しかし、さとき人には恐るべきかな。全地よ、聞け。わたしは愛のために休まない。もろもろの輪の向くところに従い、おのおのその母親のもとに来て、金の皿は砕け、その腕を強くするのは何事か」。民は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる