ふるさと納税で日本を元気に!

墨愛里加さんに送る雅歌

墨愛里加さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

燔祭と素祭をおうけにならなかったと主は怒ってラバンを知って家に帰りなさい。わたしたちは死に絶えるではあり得ない。心のあやまれる者も、あとになって清くなるであろうか、否、それが来る。なまけ者の道にあって海の東に面して、脇柱には、ゆるしがあるので、わたしたちの行くさきざきでわたしを兄であると考えていたひとりの侍従ハルボナが「王の侍臣および王の用いる外の入口をアッスリヤの王を生けどりにして置きなさい。わたしは穴に帰ってみると、彼らに従うすべてのものでない掘り井戸を得させないように気

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる