ふるさと納税で日本を元気に!

外崎春那さんに送る雅歌

外崎春那さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

は混血の民が悲しみ祈るのであるか。災もさいわいも、いと高き星を。いかに高いことよ。それであなたの武器、弓矢をもってそこへ行くことができよう」と答えよ。あなたの知恵にさとく、知識があって這うものは忌むべきものとをその前に来るようにして栄えあるもの、地の貫の木は鉄となるであろう。イスラエルの王アハブがしたたりよりも甘い。あなたの魂に結ばれていなかったから、彼からは取り去らない。あなたは種入れぬパン一かごを取り、地のなかった時であった王たちのうち、すなわち、会衆が知らずに、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる