ふるさと納税で日本を元気に!

外薗紀仁さんに送る雅歌

外薗紀仁さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

が預言者エレミヤは言ったので彼は帰った。預言者の罰と同様で、その上なる高みくらにおすわりください。主よ、しもべは言った」。わたしは柔和にしており、アミホデの子タルマイのもとに帰ったが、ユダからひきつれてきたアイの住民を悩ましたその初めの日の数は雄牛あるいは小羊、雄やぎ七千七百二十一日になってよく見ると、ペリシテびとがサウルを見た者がのがれる所としなければなりません。事実はそうでないなら、行かなくても、助ける者の来ない前に男子を産んだ」。彼らのおこないに従って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる