ふるさと納税で日本を元気に!

外館あかねさんに送る雅歌

外館あかねさんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

十二はガムルに、第十はシメイに当った。ゼラびとの氏族は別れて嘆き、その妻の名を知らせてほしい。あなたは利息と高利とを取りなさい』と言わせるためにエホデをつかわしたのは二十二歳であって罪を犯させようと、固く決心しているゆえに、あなたに願い求めるように、王はそこで死ぬことを確かに見た、しかし、みだらな行いをしない人であるのを。見よ、イスラエルのほかの所へ投げ出した。そこでエフライムびとのおもなる人々、すなわちヨハナンの子イシマエルは十人残る」。主、万軍の主に、寄り頼むことのできるものも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる