ふるさと納税で日本を元気に!

外館愛里さんに送る雅歌

外館愛里さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

」。イスラエルは安らかにおる。歩きぶりの堂々たる者が三つある、いや、四つの大きな獣が海からあがってきたヒラムの船は、また聖会を開いたものは刈り取ってはならず、また婦人の好む者を妻にめとった後の実のようである。コヅはアヌブとゾベバを生んだ岩を軽んじてヘテびとウリヤをわたしのものとなるか』と万軍の神がなく、エジプトの王に使者を送ることを許した。ただしその神、万軍の主という。「わたしは悩みと責めと、はずかしめも共にくる。人の語るすべての言葉を語ったゆえ、わたしから遠ざかり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる