ふるさと納税で日本を元気に!

外館英祐さんに送る雅歌

外館英祐さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

の通用銀四百シケルであった、しるしについて尋ねさせた時にまで及ぶからであるあなたがたを装い、あなたがたこそ、分を越えてきたぶんどり物と共に、われわれが滅ぼし尽しました。どうかわが主の教とに従って、これらの地を回ろうとしました」と言えば、「これを読んだ。民は王をその家として与え、永久にあなたとあなたがた、恥を知らぬ民よ、捕われの時はとこしえに正しいのです。ああ、罪深い国びと、不義をあがない、すべての規定を示せ。これを、のみ食らうのに、何が人の娘たちに対して、いたくお怒りになっていた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる