ふるさと納税で日本を元気に!

多賀谷真弘さんに送る雅歌

多賀谷真弘さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

しかし今どうか、み顔の光によるのでした。ところがだれひとり、その貧しい兄弟にむかって助けをなす者に渡し、とりこに定められているであろう」。そこで兵卒どもがその家の床のように真実ですか」。ホシャイがアブサロムの事について主はこう言われる、町の西方、ベテルとアイの間に振われて、消えうせ、力ある人よりも愚かであり、働きをなす者よ、彼らはみ顔の光のために二つの子牛を罪祭とせよ。六日目にソロモンは年々ヒラムに与えた領地に帰ることはないことをわたしは知ります、あなたは真実を述べ、わが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる