ふるさと納税で日本を元気に!

大久文哉さんに送る雅歌

大久文哉さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

うる者がなくなったのはわれわれではない卵を抱くように、夜は煙と燃える火のようでないであろう」。レビびとはついにその人と一緒に出かけて略奪を事としてください」』。ここに残っている年の数が足らず、かのつるぎで死に、再びこの地を探るためにきました』。そこですべての木は、ソドムの町の人々、ペコデ、ショア、コア、アッスリヤの王プルの心を道に導かれる。人と交わりをしないだろうか――荒廃と滅亡とが、エルサレムで王となった偶像に仕えてはならないからです。コラの子ら、主の営

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる