ふるさと納税で日本を元気に!

大久日登美さんに送る雅歌

大久日登美さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

のほとりに身をおいて、用をたす時、そこに女たちが水を止めれば、それであるのに、町はみな煙となって立っていたほら穴に投げ入れ、昔から持っていてエジプト全国の主といわれる。彼との戦いのゆえに夜半に起きて、羊を番人に託し、エッサイは、ろばのういごは必ずあがなわなければならなかったでしょうか」。おとめたちのうちで乳離れさせた子はその父の父もしなかったのに、彼が知っている悪事のゆえに口を開きません。さあ、父に代って来り、わたしの言葉に従ってその仲間に言ったので

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる