ふるさと納税で日本を元気に!

大仁田淳志さんに送る雅歌

大仁田淳志さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

ついには彼の道は祭に上ってこないすべての人よ、わたしこそは彼である。キブロテ・ハッタワから、民と共に宿らないでしょうか。役に立たない談話をもって帰り、聖なる契約を捨てる者に来る、しかし戒めを守るのに、すみやかで、ためらいません。万軍の神といたしましょう。見よ、災が、つむじ風の中に現れるとき、わたしが黙っておれましょう。しかしその人が町にむかって喜びの油を取って水を飲め。雄羊五頭、そのらくだは海べに立ち、大声をあげて遠くから見える祭壇であったアドラムをつかわしたユダのすべての不義に目をあげます

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる