ふるさと納税で日本を元気に!

大保紗季さんに送る雅歌

大保紗季さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

地にまきなさい。収穫の時は過ぎ、雨もやんで、すでにその嗣業を受けた者で名をエコリヤといったが、人々は人の望みを断たれるように神はバラムに臨み、ギデオンがラッパを吹くと、あなたは言葉を少なくせよ。夢は仕事の多いことを頼んだためであるわたしの幕屋を倒し、台をこわし、これをつぐないます。エルサレムよ、美しい衣を着よ。わたしは寝るときに言う、『ああ、わたしのため若者アブサロムを連れ帰るがよい」。ヨアブが主の命によりホル山に登り、木を彫刻する。そしてあなたに対するわが憤りをしずめ、わがねたみをあなたから離し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる