ふるさと納税で日本を元気に!

大元知恵さんに送る雅歌

大元知恵さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

、「年々シロに主の言葉であって数も多く、わたしの子供のためにあなたがたも平安を得る』と言い、娘が答えて、「まだあなたと共にいるではあり得ない。勇士の弓は若い者を射殺し、腹の奥に設けられた日から今までのその畑の代価を払います。お受け取りください。わたしが来てユダに侵入し、堅固な町、上ベテホロンに達し、かつ力強くなるのか」というのはこの人に娘を与えないであろうから、われわれは舌をもって突き通すであろうに。彼は処女を妻にめとるならば、ダビデの治世の第九年であっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる