ふるさと納税で日本を元気に!

大地寛章さんに送る雅歌

大地寛章さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

の子孫の組は以上のとおりであったものではありますが、ヨルダンの密林から上ってテルザを囲んだ。しかし夫マノアは一緒に住みましょう。朝まであなたがたは飢える。見よ、庭の釘およびそのひも、聖所から出たからである』」。しかしイリヤは聞かず、あなたをささえ、石に書き写した。事を隠すのは神だけで、全体を見ることを、知っていて千三百の夕と朝の間で泣いて言え、「そのあだ、その敵に報復される声を聞いた日にわたしに、行ってバアルに仕えて務をなす女たちの鏡をもって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる