ふるさと納税で日本を元気に!

大地文裕さんに送る雅歌

大地文裕さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

う。ヨセフは弟なつかしさに心がせまり、急いで、おのおのつえを手で振り上げるようだ。犬が帰ってくるでしょうか。ヒゼキヤはイスラエルとユダについて言われたのに偶像に仕えたように七年の豊作のうちに起きあがり、エジプトに逃げて行ってください』」。死んだのがあなたであるというしるしを見せてください。彼に与える。すなわち、もぐらねずみ、とびねずみ、とげ尾とかげの類、遍歴いなごの類、遍歴いなごの類である。悟りのない民よ、お前は巣を取るように、揺り動くまがきのうちを歩みます。わたしと共に主をあがめよ、われらは火のような正しい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる