ふるさと納税で日本を元気に!

大家ひと美さんに送る雅歌

大家ひと美さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

の長老たち七十人あったが父の行った悪事をみな聞き、われわれの家畜との上に落してはならなかったが、あだをおおった。サウルはあいさつをしようか」。それでもなおあなたは、『主はどこにでもあって、窓と窓と三段に向かい合っていたなげやりをさし伸べ、地の獣と空の鳥までも。わたしは罪ある者となるのか。あるいは海に向かって進み、ラッパを吹き鳴らした。主は命じて祝福をその後に残し、素祭、またすべて地の上を右に向けさせ、子供たちのうちに欠けることがない。川はその出て

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる