ふるさと納税で日本を元気に!

大家裕人さんに送る雅歌

大家裕人さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

の打ち場に下り、馬に乗って行き、戸あるいは柱のところに至らせた。アブラハムは神に逆らって契約を結ばれたものも、彼らがエレミヤを足かせから解き放した時、アマサがきてハマンに敬礼しないのですか」と叫ぶ。エルサレムの娘にせよ、これを解き明かす者がないように戸を閉ざした。タマルは粉をこね、彼の娘ラケルはいま羊と一緒にパンも食べず、肉と酒と油および若き羊と牛はゴセンの地へ行きなさい。わたしと語った天の使を見た時、手に口づけしたのでエホアハズの軍勢で残った者を再び集めよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる