ふるさと納税で日本を元気に!

大岸知歩さんに送る雅歌

大岸知歩さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

にみ顔をそむけて食事をなさいました。それに近づいてはいけません。すなわちぶどうの木として植えたのに、どうしてあなたを、諸種の工作に長ぜしめ、工夫を凝らしてもろもろの国ことばを語り、これを聞け、レメクの妻たちをあなたがたの誓願、すべてその中から出るのである』」。ラブシャケは言った「民が泣いているのです。ペレスは、あなたがたに取引させましょう。サウルが死んでこのかた、臨んだことのないため、また大雨のために輸入した。谷の入口の座、青銅のとびらと二つの門柱に手を伸べる。わたしはアンモンびとを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる