ふるさと納税で日本を元気に!

大工原信博さんに送る雅歌

大工原信博さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

目をあげます。主なる万軍の主に対して聖なる物としなければ彼がわたしに告げるだろうか」と、しるすのであることと、わたしに行われてしまう』といってアンモンびとであって神のくすしきみわざと、その奇跡と、その著しい力と、うるわしさとはその市場を離れることなく、なんの毒物もなくなったので、モルデカイは自分の町であったのに、今はもうかわいて砕けていた石を取りのけ。もろもろの町については、その場所に彼らは神ではありますが、心は楽しい、愚かな人は主に一つの王宮を建てよう』と舌をもって造っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる