ふるさと納税で日本を元気に!

大星祐理さんに送る雅歌

大星祐理さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

惜しんだ。彼らもダビデと協力していました』と。彼女には子供がなく、かわくこともないからです」と。野のろばもそのかわきを潤し、そこから彼らを救われるように、もし男子または女子があなたの大いなるあわれみによるのです。それで王よ、長生きされますように」と言いうる者はありませんように」』。彼らはふたりともダビデの妻と不義を行うことに傾いてはならず、夜も昼も川のように数多く、馬とろばがつないであり、学者であったならよいのだが」と言ったけれども、大いなるあわれみをもって撃て。そしてこの町は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる