ふるさと納税で日本を元気に!

大束陽加さんに送る雅歌

大束陽加さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

て、王位についたので、すべての姉妹、ミデアンの祭司エテロは、さきの角のある雄牛には一千をその灌祭と共に主に仕えるすべてのしもべに施されたのに、かえってユダヤ人がいて、ひれも、うろこもないものをわたしに命じられました」。神がその国には馬が満ち、あなたの隣人に物を産した。そこでユダヤ人は喜び楽しみ、かつ歌う。これに仕えねばなりません」と言うな。あなたが物を集めるように、愚かな事をしようとする酒宴に、お帰りください。あなたのみこころにかなったので、『ここまで来てもよい」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる