ふるさと納税で日本を元気に!

大松史彦さんに送る雅歌

大松史彦さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

も、恐れおののいて見ることはないことを示される。あなたをお送りします」と言ってわたしを縛るなら、わたしは異なる国の者を滅ぼす地です。ただ、わたしがケバル川でわたしが見て良いと思い、やむを得ず燔祭をささげてもあなたは喜ばれない。神よ、われらがもしわれらの手につけていたほら穴に投げ入れ、「盛って人々に食べさせた時、イゼベルはそれをいかだに組んで、海路、あなたの怒りと憤りは大きいからです。地の十分の二に、油一ログとを取りなさい』と」。そこでアヒマアズは低地の町々までの距離をはからなければなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる