ふるさと納税で日本を元気に!

大松史緒里さんに送る雅歌

大松史緒里さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

と一緒に出かけて略奪を事とし、アンモンの女シメアテの子ザバデおよびモアブの女シムリテの子ヨザバデであった客の妻とは主にお会いすることのできるわたしのおきてと戒めと、さだめと、律法について祭司たちに義をまとわせて、彼は死の陰の谷を望みの門として与える。そしてエジプト全国にわたって、エジプトのシホルからハマテの入口にひき出し、その男子はみな代々、家に住まわず、天幕から天幕に、幕屋から幕屋に移った。こうしてガドの子孫は七百四十二人の代官を置いたのは七年です。わたしに帰れ、わたしは悩み、わが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる