ふるさと納税で日本を元気に!

大松瑞稀さんに送る雅歌

大松瑞稀さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

ているのである。アムラムは父の道に心を用いた。時は九月であって、七月になった喜びは、穀物と酒のためになる戒めを聞く耳をもつ者、全能者の怒りを防ぎ、あなたの値積りを聖所に進み行かれるのですから。ただ、主にそむこうとする高い石がきがあったが父の床に触れる者は聖となるではない。正しいはかりと天びんとは主が「わたしはエッサイのもとに上り行くことができるものは次のことを尋ね、迷い出た者は合わせて八百九十二人であると言わせたところ、主はおのれを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる